スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

太刀岡山、カリスマ、一歩すすんで二歩さがる

2007/11/15(木) 23:08

太刀岡通いも佳境に入ったと思い込み。期待に胸を膨らませて、松ちゃんと平日クライミング。紅葉が映える小山ロックへ。

2007111501.jpg

我々のほかには、男女1組。男性がカリスマに掛けたヌンチャクをお借りした。

ウォーミングアップのときからあまり調子が良くない。先週から「クレアチン効果」を引きずっている、いや、もっとひどくなっている。週中、一度ジムに行ったけれど、ボロボロであった。上腕の張りは相も変わらず。

本気の1トライ目。ボルト4本目までは、自動化した手順をスピーディにリズミカルにこなすこと。うーん、やはり保持力が弱い感じがするなぁ……と、ぎこちなく登っていたとき、アクシデントが発生。

プルルルル、プルルルル。誰かの携帯電話が下で鳴り出した。とても気になる。一気呵成に右トラバースにつなげる流れが堰き止められた。自動化したクライミングでは、ホールドが目に映る光景、わずかな間隙にシェイクする回数まで、固定するものである。一瞬、注意が逸れただけで、リズムが狂った。テンション。

携帯電話の持ち主は松ちゃん。仕事で使ったアラームの時刻らしい。私がホールドをクリーニングしながらロワーダウンしてビレイを解くまで、止めることが出来ず、鳴り続けた。他の人が真剣トライしているときじゃなくて良かった。私の携帯電話も電源を切っていなかった。鳴り出す可能性はあったのだから、他人のことは言えない。

岩場では、携帯電話の電源を切るか、無音の設定にするべし。バイブレーションも静かな岩場では意外と聞こえるので避けたい。

もう1組の男性クライマーは、カリスマをあと1手のところまで攻め立てた。

私は調子が悪いので早仕舞いを決め込んだ。週末までしっかりと休養しよう。

<<  太刀岡山、カリスマ、ふりだしに戻る  |  ホーム  |  野外珈琲術  >>

コメント

フジマキ : No title

先日はどーもでした、もう1組の男性クライマーのフージマと申します。
私のほうは太刀岡はもう寒いのでまた来年の春行こうと思っています。
今後の参考にしたいので、もしできれば動画いただけないでしょうか?
(それにしても私は足が太い^^;)
また岩場で会ったらよろしくお願いします。
2007/11/19(月) 20:40:12 | URL [ 編集]

フージマ: No title

あっ、このページから動画落とせました。ありがとうございました。
(パソコンおんちなものですみません)
2007/11/19(月) 20:52:11 | URL [ 編集]

無名クライマー: No title

フージマさん、こんにちは。私はもうしばらく頑張ってみます。右トラバースで、右手を先にスプーンカットのピンチへ出し、左手を後から三日月クラックに寄せる人は少数派ですので、心強いです。
2007/11/19(月) 21:27:04 | URL [ 編集]

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。