スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

太刀岡山、カリスマ、1手1足前進

2007/12/24(月) 23:25

甲府周辺の低山にも積雪が見える。小山ロックは思いのほか穏やかな気候。12月9日のほうがはるかに寒かった。午前中、雲が多く、なかなか壁が温まらない。

1トライ目は12時頃。上部レストポイントまでは、松ちゃんによれば「1.3倍速」だったらしい。レストポイントでかなり余裕があった。懸案の左手アンダーを差したあと、右足を大穴に上げて、右手を甘いガバカチ(他に形容を思いつかない)に寄せて……。うっ、右手がかなり来ている。えいっ、左手をデッドポイントでサイドフレークへ、出した瞬間フォールした。ボルト3本目近くまで。どこにもぶつからず、ストン。これくらい見事に落ちると清々しい。そう言えば、他のクライマーの皆さんも此処ではまるでフォールを楽しむかのような落ちっぷりだった。右手が弱っていると、左手を出した瞬間に、左足がスメア気味の極小ホールドから外れるのであろう。

最高到達点を更新。しかし、もう一工夫しないと、ここで何度も落とされそう。
第1案。間髪入れず左手デッドポイント。(落ちる前に登れ)
第2案。右足を信じて、左足をフラッギングしながら、左手を出す。(距離感不明)
第3案。左足を高めに決め直してスタティックに左手を出す。(左足ホールド未確認)
第4案。左手アンダーを差した後、右足クロスで深い足のまま進む。(初回トライでは一応できた)

2トライ目は14時頃。よれていた。とりあえずトップアウト。トップロープ状態で核心ムーブを探ろうとしたが、途中からでは壁にくっつくことができなかった。それくらい難しいムーブだということであう。

松ちゃんはスーパーラット(12c)

1トライ目は前回の動画を見れば十分なくらい、まったく同じフォールの仕方。2トライ目はよれていたらしく精彩を欠いた。

<<  太刀岡山、パンクス・イン・ザ・ダーク、ホールド崩落  |  ホーム  |  太刀岡山、カリスマ、心理的な殻を破る  >>

コメント

コメントの投稿

 (省略可)
 (省略可)
 (省略可)
管理者にだけ表示を許可する

 ホーム
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。