スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | コメント(-) | 編集

Phenix(フェニックス) Snow Fields Down Jacket

2014/12/27(土) 23:00

IMG_20141227_202634.jpg

ダウン好きがまた発症。600 fill powerとスペックは高くないが、セール価格でお手頃だった。生地がマットなので、首周りが触れてもあまり冷たくない。裾のゴムが腰まわりにフィットするので、隙間風が入らない。薄手のわりに暖かい。秋から春まで、街から山まで、これ一着でしのげるかもしれない。

STEALTH Paint

2014/11/15(土) 23:00

日本で発売されて間もなく買ったものの、どうもうまく使えず放置していた。
IMG_20141115_205139.jpg

トウフックを酷使する課題でJet7のリキッドラバーが剥がれてきたので、再チャレンジした。

施工前。
IMG_20141115_205448.jpg

施工後。
IMG_20141115_213657.jpg

照明がギラギラ反射して写真うつりが悪いけれど、なかなか良い感じ。接着剤と混ぜ合わせる前に、ステルスの粉末をできるだけ細かく粉砕しておくのがコツのようだ。

チョークボールへの補充用パックを自作

2014/11/10(月) 23:00

IMG_20141110_221108.jpg

いま気に入っている粉末チョークはイボルブ製。さらふわ。塊が入っていない。指紋の溝までしっかりすりこめる。液体チョークいらず(?)。クライミングメーカー製ではピカイチかも。スクリューキャップもポイントが高いけれど、ちと口径が大きすぎる。100均の台所用品で自作してみた。

クライミング用ブラシ各種

2014/05/31(土) 23:00

IMG_20140531_163909.jpg

Lapis製(右から3番目)がクライミング専用で素晴らしい出来なのだが、いかんせん高価(700円)である。右から2番目の長いブラシ(141円)の柄をノコギリで切り、切り口をカッターやヤスリで丸めると、ガシガシ使えそうである。

IMG_20140531_165511.jpg

TEAM VXi

2014/03/15(土) 23:00

「チームブイエックスアイ」と読むそうだ。昔、レースアップの「VX」ってのがあったっけ。Team5.10のヒールの内側がふさがっただけだったら、今回はスルーしようかと思っていた。が、ジムで履いている人に見せてもらったら、軽量化された別物であった。カラファテにGO!

サイズに少し悩む。靴下クライマーなので、実際に履く場面とのギャップは少ないはずだけれど(ポリエチレンを素足にかぶせて履くと、思いも寄らず小さい靴が履けてしまい、後で痛い目に合いやすい)、うーむ……。こんなに柔らかい靴を履くのは初めてなのでよくわからん。Team5.10からハーフサイズ下を選んだ。緩く感じたら、厚手の靴下で調整しよう。

トウラバーの貼り方がちがう。
IMG_20140316_090531.jpg

ヒール全体のラバーが薄く柔らかくなり、スローパーに面で効かせたい場面では抜群と思われる。ヒール同士を押し付けたら、ペタッと粘着感があるのには驚いた。ドラゴンシリーズ特有の細長いヒール部分をわずかな突起にかける機能も残っている。
IMG_20140316_091655.jpg

ベルクロはTeam5.10よりも爪先寄り。踵の出っ張り角度が緩い。と言うか、アキレス腱部分の絞込みが緩い。アッパーの柔らかさも手伝い、とても着脱しやすい。代わりに、ヒールフックで脱げやすいかも……と思ったけれど、ヒールボックス全体が柔らかく踵に馴染みやすいためか、特に不具合は感じなかった。
IMG_20140316_090639.jpg

IMG_20140316_090604.jpg

Team5.10と重さを比べると……。
IMG_20140316_091443.jpg

断然軽い。
IMG_20140316_091019.jpg

カラファテお馴染みの綿布製の袋には「not a cafee for climbers」と洒落てある。初の試み? 色はシューズと同色を選んだ。
IMG_20140316_093141.jpg

⇐ 現在 ホーム  過去 ⇒
copyright © 2007 こーどれす らいふ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。